スポンサードリンク
登山を始めることになったんですね!
 
おめでとうございます!
 
というのは変ですかね?(笑)
一緒に楽しい登山ができるように頑張りましょう♪
 
 
登山を始めたら最初にするのが登山道具を揃えること!
 
でも何を揃えたらいいかわからない。
他にも必要なものがあるかもしれない。
どれも高くて一度に揃えるなんて無理。
 
これが初心者が最初にぷち当たる壁です。
 
今回はそんな初心者さんに最初に必要な登山道具を紹介します!
 
優先度と参考お値段もを付けますね。
 
 
最後の方に山ガール向けの追加装備もリストにしたんで見て下さいね。
 
 
 
スポンサードリンク

代用品の紹介

お財布事情や色んな理由があって、最初から全ての道具を揃えるのは難しいと思います。
優先度が高いけど用意が間に合わない場合は必ず代用品を準備して下さい。
あくまでも”一時的な代用品”です。 
 
コチラに日用品で代用する方法を纏めてあります。
「登り1時間程度の体験レベルの山だから体験中は代用品でも大丈夫ですよ」という意味の記事です。
 
 

優先度A 絶対必要なもの

参考価格は私的ですが、ちゃんと使えるものが買える価格です。
当然、良いものはもっと高いし、悪いものはとても安いです。
 

登山靴 1万5000円

登山道具 三種の神器の1つ登山靴!

足を守る力がスニーカーとは雲泥の差です。

 

 

ザック(リュック) 1万円

登山道具 三種の神器の1つザック!

登山用は体にガッチリ固定するためのハーネスがいくつもついてます。
腰ベルト、ショルダーハーネスなど。

身体に固定できればザックは軽く感じます。

 

帽子 3000円

標高が高くても登山は暑いです。
太陽が近いと紫外線も強いので日射病になりやすくなります。

日射病予防に必ず頭にかぶりましょう。
頭から流れる汗も防いでくれます。

私はタオルを頭に巻いてます。

 

登山地図 無料アプリ

登山に地図は必携です。
最近は無料の登山用地図アプリがあるので活用しましょう。

オススメ地図アプリの使い方はコチラ

地図はできれば紙で持ち歩くようにしましょう。

 

グローブ 2000円

登山をしていると色んなものを掴みます。(男は特に)
グローブがあると掴んだときの手のダメージ、疲労が軽減されます。

女性も日焼け防止のためにグローブを装着しましょう。

 

救急セット 1000円

登山に怪我はつきものです。万が一の備えをしましょう。
 

その他小物

健康保険証のコピー
携帯トイレ
タオル(2枚くらいあると便利です)
ライター
カイロ
日焼け止め(汗で流れるので1個持ち歩きましょう)
衛生用品セット(ティッシュ、トイレットペーパー、ゴミ袋)
薬(頭痛薬(山は頭が痛くなりやすい))
眼鏡の人は使い捨てコンタクト
 
スポンサードリンク

優先度B 後回しでも絶対必要なもの

レインウェア上下 1万5000円

登山道具 三種の神器の1つレインウェア!

カッパで代用できますが、レインウェアは高機能で軽いので登山には必須のアイテムとなります。

 

登山に適した衣服 

動きやすい、伸縮性がある、速乾性の服を揃えましょう。

 

登山用靴下 2000円

登山用靴下は軽視されがちですが、かなり重要なアイテムです。

最初は靴下2枚履きで対応できますが、ちゃんとした登山用靴下を使いましょう。

 

ヘッドライト 3000円

ライトはトラブルが発生して山から下りられなくなったときに生命線となりアイテムです。
最初は懐中電灯でもいいので準備しましょう。

スマホのライトはNGです、スマホも生命線なので電池が切れると非常に危険です。

因みに電池は外しておきましょう、ライトに入れておくと少しずつ減っていきます。

エネループ等の充電電池はほっといたら減っていくので毎回充電が望ましいです。
アルカリは減りません。

 

ザックカバー 2000円

雨が降った時にザックを浸水から守ります。

ポリ袋で代用可能です。

 

モバイルバッテリー 2000円

スマートフォンは緊急時の生命線です。

カメラとして使っていても電池が切れるとションボリします。

小さくてもいいのでモバイルバッテリーを持ちましょう。

 

エマージェンシーシート 500円

遭難、雨風などで身の危険を感じたときに身体の保温や発見され易くするために使います。

 

コンパス 1000円

方角はわかるようになっておきましょう。

 
 

優先度C あったら便利なもの

ここからはお好みで装備するといいですよ。

 

ゲイター(スパッツ) 3000円

靴の中に枯葉、砂利が入るのを防ぎます。

草木が生い茂ってるところを進むとき心強いです。

靴紐が解けにくくなる効果もあります。

透湿素材が使われてない安いものならホームセンターに1000円くらいで売ってます。

ストック(トレッキングポール)1万円

合う、合わないがありますが、合う人なら疲労が軽減されてとても便利です。

1本くらいは捻挫等のトラブルを想定して持っていて下さい。

 

サングラス 2000円

山の上は紫外線が強いのでサングラスがあると目を守れます。

 

多機能ナイフ

何かと便利ですよ。

 

虫よけスプレー

北海道ではハッカ油をスプレーにして使ってます。

 
 

山ガール向け追加装備

2度目のものもあります。大事だから2度言います。

サングラス

強い紫外線から目を守ります。

紫外線は目から入っても日焼けがおこります。

 

日焼け止め

日焼け止めは汗で流れるので定期的に塗りましょう。

最近では飲む日焼け止めというのもありますね。

 

 

生理用品

大きな声では話せませんが女性は登山中トイレに行きづらいので生理用品を予め仕込んでおくのだとか・・・ 
 
 

おわりに

 登山で必要なものって沢山ありますね!
最初から全部揃える必要は無いので代用できるものも利用していきましょう。
 
 

装備が揃ってきたら大きな山へチャレンジしていくといいですよ! 

スポンサードリンク
٩(ˊᗜˋ*)و
最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
「参考になった!」と満足して頂けたらはてブなどシェアして頂けると物凄く嬉しいです。