スポンサードリンク

道東方面では、大規模の花火大会で有名な「釧新花火大会」が今年も盛大に開催されます!

釧路の夜空に打ち上げられる8.000発の花火は圧巻ですが、恒例のナイヤガラの滝は必ず見ておきたい花火です。

60回と歴史もある花火大会なので是非一度お楽しみ下さい。

スポンサードリンク

釧新花火大会の基本情報

第60回釧新花火大会

開催日:2018年8月16日(木)荒天の場合、翌日順延
    花火打上時間19:00~20:00
開催地:北海道釧路市昭和町1 新釧路川 鳥取橋上手緑地公園 右岸 鳥取側
主催:釧路新聞社
問合せ:釧路新聞社 事業部 0154-22-1111
駐車場:なし

 

釧新花火大会の見所

釧新花火大会は、毎年釧路市の新釧路川で開催される花火大会です。

観客動員数も10万人を越える花火大会で、道東でも数ある花火大会の中でも屈指の規模の花火大会です。

 

釧新花火大会の特徴は、新釧路川を利用した横に長い会場になっていて約600メートルあります。その長さを活かしてのナイヤガラの滝スターマインなどは圧巻で早打ちや仕掛け花火など次から次に打ち上げられ見ている人を魅了します。

最大の見所は何と言ってもクライマックスの超特大スターマイン!会場にある鶴見橋から鳥取橋までの広い幅を使って、視界からはみ出るくらいの特大花火が繰り広げられます!

8.000発の花火が釧路の夜空を彩り、新釧路川に花火が映しだされる光景は、一度は見ておきたい花火大会の一つです。

凄いですよね!クライマックスの超特大スターマインの規模が半端ないです!!

これは間近で見たくなる!!

 

スポンサードリンク

アクセス情報

自動車で行く

・ 道東自動車道経由(約4時間10分)

高速道路を使えば釧路手前の阿寒まで一気に行けます!

それでも4時間かかるのでのんびり行きましょう~ 途中パーキングとパーキングの距離がもの凄く長いのでトイレにだけは注意しましょう。

 

・下道で行く(約6時間10分)

主に国道274号線、38号線を走ることになります。

2018年5月現在 本別ICから阿寒ICまで無料区間となっています。数十分は短縮できるので活用して下さい。

JRで行く(約5時間)

札幌駅からJRスーパーあおぞら一本で釧路駅まで行けます!特急列車で快適な旅をお楽しみください。

 バスで行く(約5時間)

札幌駅前バスターミナルからスターライト釧路号(高速バス)が出ています。バスの旅はちょっと狭苦しいですが安さが魅力ですね。

 

開催場所・駐車場情報・お勧めスポット相関図

クリックで拡大

釧新花火大会では、会場周辺に専用駐車場はありませんので公共交通機関を利用して下さい。

イオンと釧路駅からシャトルバス(片道200円)が運行されていますので利用されると便利だと思います。当日は、広い範囲で交通規制が行われますので違法駐車にはご注意お願いします。

お勧め穴場スポット

会場の河川敷から真上に上がる花火を見るのも良いですが、人ごみを避けてゆったりじっくりと花火を見たい方にお勧めしたいスポットがあります。

其の一 イトーヨーカドー釧路店の屋上
〒085-0046 釧路市新橋大通6-2  GoogleMAP

毎年、花火大会開催日に屋上の駐車場スペースを無料で開放してくれます。
駐車場もあり、屋台も出店されているので美味しいものを食べながら花火鑑賞が出来ます。
トイレの使用も可能です。

 

其の二 アベニュークシロの屋上
〒085-0017 釧路市幸町14丁目1-9  GoogleMAP

少々開催地から離れますが、横に長い花火大会の全景が見られるスポットです。
釧路駅からも近く徒歩5分程度でアクセスが良く、飲み物や食べ物も買えるので便利です。
駐車場とトイレも使用可能です。

 

周辺観光・穴場情報

北海道三大市場の一つ 和商市場

釧路に来たら絶対に欠かせないのは、海産物ですね。カニやらエビやら貝など新鮮で美味しい食材が目白押しです。その中でも、北海道の三大市場の「函館市場」「札幌2条市場」そして「和商市場」です!名物「勝手丼」を食べないと道東の海産物は語れません。

釧路港で水揚げされた新鮮な食材を自分の好きなものを好きなだけドンブリに乗せて食べられます。釧路の海産物をガッツリ堪能できます。

釧路駅から徒歩10分と近いのも魅力の一つです!

 

「和商市場」

住所:釧路市黒金町13丁目25  GoogleMAP

電話:0154-22-3226
HP: http://www.washoichiba.com/index.html

営業時間:クリックで拡大できます

 

丹頂鶴

もう一つ釧路ならではのものがあります。それは「丹頂鶴」です!

1年中タンチョウが見られるのは、「釧路市丹頂鶴自然公園」です。沢山のタンチョウが見られるこの施設は、広い金網で囲われた湿地があり、ここでタンチョウが保護飼育されています。

春先にヒナが誕生する時期なので花火大会ころは、少し成長した子供と親タンチョウの家族連れが見られますね。

各種イベントもありますのでお子様も楽しめると思います。

「釧路市丹頂鶴自然公園」

住所:釧路市鶴丘112  GoogleMAP

電話:0154-56-2218
HP: http://kushiro-tancho.jp/

 

 

おわりに

観光地が目白押しの釧路ですが、グルメはもちろん自然豊かな観光地スポットも沢山あります。釧路湿原はもちろん、屈斜路湖や阿寒湖など一日では回り切れないほどです。

面積が広いので移動する距離も長くなります。是非十分に時間にゆとりを持って釧路のグルメや観光スポットをご堪能下さい。

 

7月下旬に旭川で開催される旭川グルメフェスタ花火大会も要チェックです!

スポンサードリンク
最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
「参考になった!」と満足して頂けたらはてブなどシェアして頂けると物凄く嬉しいです。