スポンサードリンク

北海道の十勝にある鹿追町で毎年行われる夏の風物詩、「鹿追町民花火大会」が今年も開催されます。

町民花火大会との名前通り、どこかアットホームな雰囲気のある花火大会ですが、いつもは静かで澄んだ鹿追町の夜空を4,000発以上の花火が光の渦と風流な夏の音で埋め尽くします。

札幌からも高速道路を使えば2時間半程で着く街ですので、十勝の観光がてらにのんびりと鹿追の花火大会を満喫しては如何でしょうか。

スポンサードリンク

鹿追町民花火大会 概要

開催日:2018年7月21日(土)予定 雨天時翌日に延期
    打上時刻19:30~21:30
お問合せ:鹿追町民花火大会実行委員会 0156-66-3780
会場:河東郡鹿追町新町北2線  GoogleMAP 然別川河川敷 河川公園パークゴルフ場

 

鹿追町民花火大会の歴史と見所

鹿追町花火大会の会場でもある然別川の上流に然別湖が広がっています。
然別湖は、日本中でココにしか生息していない「ミヤベイワナ」通常は高山に住む「ナキウサギ」が生息している珍しい湖です。

鹿追町は人口6,000人に満たない小さな町ですが、然別湖を含めた町全体が「とかち鹿追ジオパーク」として認定された自然豊かな町です。

 

この町の商工会が町民のために何か楽しいイベントを作れないかと考えたのが鹿追町民花火大会でした。

小さな町の花火大会ですが、毎年人口の約3倍の15,000人以上の来場者が訪れる十勝でも指折りの花火大会です。

人気の秘密は、やはり4,000発以上の花火が打ち上げられることが挙げられます。4,000発以上の花火大会は決して小規模ではなく中、大規模な花火大会にも匹敵するほどの打上量です。

しかも、会場の観覧エリアは芝生でかなり至近距離からの打上になるので、真下から花火を見上げるようになります。その臨場感は、他の花火大会では体験できないくらい大迫力で、光と重低音が体に響きわたってきます。

 

ご覧の通り間近すぎます(笑)

 

カラフルなスターマインや8号玉の大花火、ラストを飾る連続打上は体の芯から花火を体感できると思います。

「のんびりと芝生に寝転んで、花火を眺める」と言うのが鹿追町のテーマらしく、会場には味覚コーナーもあって焼鳥や地元野菜を使った美味しいメニュー沢山あり、ビール片手に芝生の上で楽しむ姿が多く見られます。

臨場感のある大迫力の花火大会ですが、芝生に寝転んでのんびりと美味しい食べ物とビールを持って花火を楽しんで頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク

札幌から鹿追町へのアクセス

自動車で行く場合

 高速道路利用(約2時間33分)  札幌市内から道央自動車道に乗り、恵庭ICを過ぎてから道東自動車道に入ります。
十勝清水ICで降り、国道274号線に入り鹿追方面に向かいます。

 

 一般道利用の場合(約3時間31分)  札幌市内から国道274号線を日高町方面に向かい、日勝峠を越えます。
そのまま、国道274号線を鹿追方面に向かいます。

駐車場情報

会場のすぐ近くに無料駐車場1,000台分が整備されていますが、18:00頃には満車になりますので早めの駐車をお願いします。

JRで行く場合(約2時間10分)

札幌駅からJR石勝線に乗り、新得駅で下車してタクシーで鹿追に向かいます。

タクシーで20分ほどですが、帰りのタクシーを拾えるかが大きな謎です。

バスで行く場合(約2時間55分)

札幌駅前ターミナルから帯広行きポテトライナーに乗り、清水町で降ります。タクシーにて鹿追に向かいます。

タクシーで30分ほどですが、やはり帰りにタクシーに乗れるかが勝負ですね。

 

観覧穴場スポット

山に囲まれた小さな町なので大きい建物もないので町内のどこからでも観覧できますが、人混みを避けて高台から花火を一望できるスポットもあります。

扇ヶ原展望台

鹿追町内から然別湖に向うと町を一望できる「扇ヶ原展望台」が右手にあります。(地図上の方)

昼間は、日高山脈や十勝平野の雄大な光景が見られる展望台ですが、花火大会の時は花火を見下ろす感じで全容がダイナミックに見ることが可能です。(ちょっと遠いかもしれませんが)

展望台なので約30台分の駐車場もありますのでお車で安心して行くことができます。

出典: とかち晴れ

【扇ヶ原展望台】
住所:鹿追町北瓜幕  GoogleMAP

お問合せ:鹿追観光インフォメーションデスク 0156-66-1135

 

周辺観光、穴場情報

十勝の大地にある鹿追町は、農業と酪農が盛んな町で新鮮な野菜を使ったグルメや動物と触れ合える観光スポットも多々あります。

その中から厳選して選んだグルメと観光スポットをご紹介します。

森のキッチンかわい

名前の通り森の中にひっそりと建っているような建物で赤い屋根が特徴的です。

社長自身が牧場を経営しているため、無農薬有機肥料牧草で育てた「草原黒牛」の安心安全なお肉を使ったメニューはどれも絶品の一皿です。

特にサーロインステーキはとても柔らかく一度食べると忘れられなくなるぐらい旨いです。

ハンバーグもチーズが乗っているものやきのこが乗っているものもあり、人気のメニューです。

花火会場からも近いので是非一度、食べてみて下さい。

【森のキッチンかわい】
住所:河東郡鹿追町瓜幕西28線27  GoogleMAP

電話:0156-67-2327
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
公式HP:http://www.ohirabeef.com/kitchenkawaijp/top.html

 

然別湖ネイチャーセンター

然別湖にある様々なアクティビティーを行っているところで、カナディアンカヌーやリバーウォッチンッグ、シーカヤックやガイドウォークなどありますが、ここで紹介したいのが「エアトリップ」です。

大自然の森の中を生き物目線で空を飛べます。

専用のワイヤーとプーリーを使って然別の森を飛んでいる時の気分は非日常的で何もかもリフレッシュされて癒されます。

ルート総延長は1,4Km、空中移動距離約700m、最高地点は地上15mで最高速度は時速40Km/hと迫力ある滑空が楽しめます。

子供も大人も大興奮で大満足できる内容なので絶対おすすめのアクティビティーです。

出典: ソラトビ!

【然別湖ネイチャーセンター】
住所:河東郡鹿追町北瓜幕無番地  GoogleMAP

電話:0156-59-8181
エアートリップの出来る時間

1回目:9:00~ 
2回目:12:30~
3回目:15:00~

10月以降
1回目:10:00~ 
2回目:14:00~

定休日:不定休
公式HP:http://www.nature-center.jp/

 

翌週の花火大会

翌週は8月4日(土)に花火大会が集中しています。

おたる潮まつり花火大会!混雑回避と穴場情報満載!お勧め周辺情報もあるよ 

旭川グルメフェスタ花火大会!渋滞回避の路とお勧め観光スポット 

かなやま湖湖水祭り花火大会!超ロングナイアガラの滝が凄い! 

恵庭の花火大会!恵庭三四会納涼花火大会の見所と穴場情報! 

おわりに

鹿追町の花火大会はぶっちゃけると、その規模!その内容!に比べて知名度イマイチです(笑)

だから鹿追町民花火大会は、これ自体が穴場の花火大会と言えるでしょう!

とは言え道東は遠いです、行くならキッチリまる一日遊んできてください!

スポンサードリンク
最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
「参考になった!」と満足して頂けたらはてブなどシェアして頂けると物凄く嬉しいです。