スポンサードリンク

北海道は、全国的にも有数の海鮮大国です。毛ガニにタラバ、エゾアワビに北海シマエビなど数え上げると切りがありません。

その中でも、とりわけ人気が高いのは北海道産の「うに」です。

エゾバフンウニに代表されるように、北海道のうにの味は一度食べると忘れられません。
そんな北海道のうにを一年中、存分に楽しませてくれる「函館うにむらかみ」にスポットを当てて、美味しさの謎を徹底追及したいと思います。

写真出典: うにむらかみ
スポンサードリンク

北海道の雲丹の秘密

北海道で獲れるウニの種類

北海道で獲れるうには、大きくわけてバフンウニとムラサキウニの2種類です。

出典: Walkerplus

写真の右が、ムラサキウニでトゲが長く身が白っぽいことから白ウニとも呼ばれます。味は、淡白で上品な味わいが特徴で北海道で獲れるうにの80%がムラサキウニになります。

写真の左が、バフンウニでトゲが短く身が赤っぽいので赤ウニとも呼ばれます。濃厚でクリーミーな味で甘さが強いうにで、稀少なので北海道でも高級なウニになります。

どちらも旬の時期はとても美味しいうにですが、味の決め手はうにの主食である昆布の質で左右されます

北海道産の雲丹が旨い理由

それは昆布!

北海道でも有名なウニの産地は、間違いなく昆布の名産地でもあります。

  • 羅臼昆布・・・知床・羅臼バフンウニ
  • 日高昆布・・・襟裳方面バフンウニ・ムラサキウニ
  • 利尻昆布・・・利尻・礼文バフンウニ・ムラサキウニ
  • 細目昆布・・・天売・焼尻・積丹バフンウニ・ムラサキウニ
  • 真昆布・・・・函館周辺バフンウニ・ムサキウニ

美味しい昆布がウニにとっていかに重要かがわかります。

雲丹の旬

実はウニの旬は一年中、北海道のどこかを巡っています。

ウニの旬とは一年で一番うまい時期、それはウニが産卵をする1~2ヶ月前です。

産卵期が近づくと美味しい卵巣に精子が混ざり始めるために味が落ちてきます。ウニは大体10~11月頃産卵をするので一般的には6月~9月中旬がウニの最高シーズンと言えます。

しかし、ウニの産卵は海水温にも密接に結びついているので同じ北海道の海域でも大きくズレてきます。

こうして産卵期を避けていると、北海道でウニの取れない時期は無くなってしまったんですね!

勿論、大事な海の資源ですから取り過ぎないように漁獲期間を設けて美味しい時期にある程度獲るようにしています。

代表的なウニの産地と旬の時期は以下の通りです。

函館だけ旬が二回あります。これはどういうことかはちょっとわかりません!

ですが夏のウニは旨くて、冬のウニも旨い!ということは間違いないようです。

お正月のウニは函館産が多いんですね。

おすすめの名店「函館うにむらかみ」

函館うにむらかみの美味しさの理由

北海道の各地で美味しいウニが食べられるお店は沢山あります。産地の漁師さんが営む食堂や直売所が沢山あり、旬の時期に新鮮で美味しいウニを楽しむことが出来ます。

しかし、各産地では解禁期間の時期しか食べられないのも現実です。北海道で獲れるウニの産地と旬の時期は、道南・道東・道北とそれぞれに違いがあります。

 

その時、その時期の北海道で旬を迎えているウニを厳選して仕入れしているのが、「函館うにむらかみ」なのです。

 

北海道でも珍しく、ウニの加工会社が運営している「函館うにむらかみ」は、道内のウニを厳選して仕入れすることで一年中「旬のウニ」を堪能することができるのです。

仕入れたウニは、新鮮なうちに各地から自社工場に運ばれ、殻割りから折り詰めなどを行い、一切みょうばんを使うことなく加工されます。

ウニの味を落とすことなく、無添加のウニにこだわり店舗にて提供する他、注文を受けてから注文分だけを製造して新鮮な状態のまま全国に配送しています。

函館にある本店や札幌の支店でウニを年中頂けるのはもちろん、加工会社だけにお取り寄せ商品も豊富で、生ウニ化粧箱入りやウニ醤油漬け、ウニの佃煮、炙りウニなど通販サイトかいつでもお買い求め可能です。

【うに専門店 北海道 うに むらかみ】 【 当店人気No.1 】口の中いっぱいに広がる本物の無添加ウニの甘みは絶品です!無添加生うに 木箱入 150g【生ウニ】

 

スポンサードリンク

函館うにむらかみ

株式会社村上商店
住所:〒049-0111 函館市北斗市七重浜1丁目8番10号
代表電話:0138-48-8311
公式HP:https://www.uni-murakami.com/hakodate/

うにむらかみ通販サイト
https://www.uniya.net/

うにむらかみ楽天市場店
https://www.rakuten.co.jp/uniya-murakami/

 

うにむらかみ 函館本店

住所:函館市大手町22-1  GoogleMAP 電話:0138-26-8821
営業時間:4月下旬~10月31日
     AM9:00~PM2:30 ラストオーダーPM2:00
     PM5:00~PM10:00 ラストオーダーPM9:00

     11月1日~4月下旬
     AM11:00~PM2:30 ラストオーダーPM2:00
     PM5:00~PM10:00 ラストオーダーPM9:00

定休日:毎週水曜日

「函館うにむらかみ本店へのアクセス」

・ 函館駅から徒歩約5分
・ 市電函館駅前から徒歩約6分
・ 函館空港から自動車で約22分
・ 専用駐車場は、ありませんので近隣の有料駐車場をご利用下さい。

 

うにむらかみ 日本生命札幌ビル店

住所:札幌市中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビルB1F  GoogleMAP 電話:011-290-1000
営業時間:ランチタイム AM11:30~PM:2:30 ラストオーダーPM1:45
     ディナータイム PM5:30~PM10:30 ラストオーダーPM9:30
     土・日・祝日ディナータイム PM5:30~PM9:30 ラストオーダーPM8:45
定休日:年末年始

「函館うにむらかみ日本生命札幌ビル店へのアクセス」

・ 札幌駅から徒歩約7分
・ 地下鉄さっぽろ駅から徒歩約4分(地下歩行空間直結)
・ 地下鉄大通駅から徒歩約6分
・ 専用駐車場は、ありませんので近隣の有料駐車場をご利用下さい。

北海道のウニ丼情報

>>北海道ウニ丼ランキング!旬の時期はいつ?産地や種類のおすすめは?



>>積丹うにの時期到来!最高の旬と解禁日で美味しいウニを食べる!

積丹うにの時期到来!最高の旬と解禁日で美味しいウニを食べる!



>>積丹のウニ丼おすすめの名店・穴場比較!並ばずに食べる裏技も紹介

積丹のウニ丼おすすめの名店・穴場比較!並ばずに食べる裏技も紹介



>>函館ウニの旬は?一番旨い時期におすすめの名店うにむらかみで食べる

函館ウニの旬は?一番旨い時期におすすめの名店うにむらかみで食べる

おわりに

北海道の人気海産物の中でも、最も人気が高いウニを年間を通して味わえる「函館うにむらかみ」。いつでも道内の旬のウニを函館でも札幌でもいただけます。

おすすめメニューは、ウニ料理はもちろん、北海道産の真ホッケやエゾアワビ、函館名物の活イカ刺しなど豊富なメニューが揃っています。

道内の方をはじめ観光に来られた方も是非一度、北海道の味覚が堪能できる「函館うにむらかみ」に訪れては如何でしょうか。

スポンサードリンク
最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
「参考になった!」と満足して頂けたらはてブなどシェアして頂けると物凄く嬉しいです。