スポンサードリンク

フェーリエンドルフグランピング

朝の連ドラ「なつぞら」の舞台となり注目を集めている十勝

見どころ・オススメはたくさんありますが、雄大な南十勝の田園風景の中でゆったりと過ごせる中札内休暇村フェーリエンドルフを紹介します。

澄んだ空気と新鮮な食材を楽しみながらバーベキューやグランピングキャンプができる滞在型リゾート施設なのです!

近くの温泉も紹介しますね。

スポンサードリンク

中札内農村休暇村フェーリエンドルフとは

フェーリエンドルフ

※エゾリス優先道路

概要(村の特徴や中札内の紹介など)

中札内村は北海道十勝管内にあり、帯広から南へ約25km、帯広空港より車で約40分の場所にあります。
日高山脈のすそ野に広がる農村地帯で中札内若鶏・十勝ポーク・豆類にジャガイモなど美味しい特産物がたくさんありますよ!

中札内農村休暇村フェーリエンドルフは約32万㎡の自然あふれる針葉樹の森に囲まれた村。
その森の中にドイツ式のぬくもりのある素朴なコテージが点在しています。

そしてグランピングテントでキャンプもできる、ゆったりと過ごせるリゾート施設なのです。

本場ベルギー製のコットンテントで冬でもキャンプができるのですよ。

敷地内にはエゾリスや野鳥が生息し、散歩しているとばったり出会うこともあります。
道路には「エゾリス優先」の可愛い看板が立てられているのが和みポイントですね。

広い畑で野菜の収穫が自由にでき、ニワトリ小屋でも生みたての卵を頂くこともできますよ。

中札内休暇村フェーリエンドルフ

グランピングコテージの見どころ

この投稿をInstagramで見る

Misaki.さん(@misa_0708y)がシェアした投稿

森の中に建てられている2階建てのコテージにはグウランピングコーテージと別荘風のコテージ2種類があります。

グランピングコテージにはテラスにグランピングテントが付いて、広いウッドデッキでゆっくりバーベキューを楽しめます。

2019年9月の時点で4棟のグランピングコテージがあり、それぞれ個性的な内装で訪れる人を楽しませてくれますよ。

テントではゆっくり眠れないという人にも安心ですね。

また、テラスを利用した開放的な空間でリゾート気分を満喫できるのがオススメポイントです!

コテージの設備は?

コテージ

コテージの1階は暖炉付きの広いリビングとキッチンがあります。

キッチンにはIH調理器と冷蔵庫に電子レンジ、そして食器や調理器具が備えてあるので自炊可能なのです!

2階は寝室が3部屋でベットが合計5つ
エキストラベットも入れると6名まで宿泊可能で、夏ならば寝袋で大人数でも大丈夫!

トイレは1階と2階の2か所にあり、シャワー付きお風呂が2階にあります。

コテージには自転車が一台備え付けられていて自由に乗ることができるのです。

大人数で賑やかにリゾート気分を、また二人で静かに別荘気分を楽しむ事ができるのが魅力ですね。

フェーリエンドルフの魅力

選べるバーベキュースタイル

フェーリエンドルフのバーベキュースタイルは自分で選ぶことができます
自分たちで準備していくのもOKですし、事前に申し込んで手ぶらでバーベキューを楽しむこともできるのです。

事前申し込み制の食材のデリバリーは一人3600円で、手ぶらで本格的なバーベキューが楽しめます!
シェフのコーディネート付きの食材のデリバリーは一人【4500円】。

グランピングテントではコンロ・炭・食器などを用意してくれますので、面倒な準備も必要ありません。
荷物も最小限で済むのがうれしいですね。

コテージでもバーベキューセットの貸し出し(1600円)があります。

食材の持ち込みは自由で、自分たちで用意することもできますよ。

選べるバーベキュープラン
  • 機材、食材全て持込プラン 0円(1人)
  • 手ぶらでデリバリープラン 3,600円(1人)
  • シェフコーディネート食材プラン 4,500円(1人)
  • バーベキューセットレンタル 1,600円

グランピングテントでキャンプを楽しむ

View this post on Instagram

久しぶりにここの施設に来たら 今流行りのグランピングテントが数棟できてました! 覗いてみたら… めっちゃ素敵😍😍😍めっちゃオシャレ😍😍😍 泊まりたいぃぃぃ!! ちなみに レギュラーシーズンで 1棟 4名様まで19,500円みたいです✨✨ 秋にいいかも😍 冬はハイシーズンで倍以上のプライス💦💦💦 富裕層じゃないと泊まれない…(笑) 位置情報つけておきますね😊 . ちなみに 今回はここではなくて 同じ施設内の ペットOKのコテージに泊まりました😊 コテージの様子はストーリーに動画UPしています コテージも素敵ですよ✨ お気に入りで3回目の訪問です😊

A post shared by Trip+ トリッププラス (@trip_achi) on

凄く良い雰囲気が写し出されてますよね!

グランンピングテントは10張(夏用7張、夏冬兼用3張)設置しています。

ベルギー製とスウェーデン製の上質で耐久性のあるコットンを使用した大型テント。
直径6mの巨大な円形テントと、4m×6mの木組タープがセットになっています。

家具はシングルベットとエキストベットが各2台、ソファーと薪ストーブが設置。
寝袋対応で、なんと最大15名も宿泊可能!

十勝の冬はマイナス20度にもなりますが、冬にも対応できるグランピングキャンプは魅力的ですね。
テントの近くに車を止めることができるのも便利でいいですよ!

近くの日帰り入浴できる温泉

コテージにはお風呂があります。

でも、せっかく十勝に来たのだから温泉に入りたいという方に近くのお日帰り入浴できる温泉を紹介しますね。

更別村(サラベツムラ)「福祉の里温泉」
  • 営業時間:13:00~22:00(最終受付21:00)
  • 定休日:毎週月曜日
    ただし、ゴールデンウィーク中など、状況に応じて臨時開館。
  • 料金:大人400円、中学生200円、小学生100円、乳幼児無料
  • HP更別村「福祉の里温泉」
  • 電話:13:00~22:00
  • 住所:更別村字更別190番地1(老人保健福祉センター内)  GoogleMAP
  • 休暇村より車で約15分
忠類村(チュウルイムラ)「ナウマン温泉」
  • 営業時間:11:00~23:00(最終受付21:30)
  • 定休日:-
  • 料金:大人 500円  小学生 250円 
     幼児 無料 
  • HP忠類村「ナウマン温泉」
  • 電話:0155-88-3111
  • 住所:幕別町忠類村白金町384番地1  GoogleMAP
  • 休暇村より車で約30分
  • 特徴:サウナ・露天風呂有

十勝の味を楽しめるレストンランも!

到着日で時間が遅くなりそうな時や連泊でバーベキュー以外の物を食べたいという時にはレストランでディナーや朝食がいただけるプランがあります。

ディナーは地産地消の3コースが用意されていますよ!

レストラン「ミュンヒ・ハウゼン」

メインが選べる3種の夕食
「中札内田舎鶏コース」
「十勝産豚肉コース」
「道産牛肉コース」

朝食
・「卵かけごはんセット」

【休暇村の夕食紹介】:「モモコの日記」~休暇村のブログ

スポンサードリンク

実録体験ブログ

2019年の7月にフェーリエンドルフのコテージに宿泊したので、その時の様子をお伝えしますね。

コテージに宿泊

この投稿をInstagramで見る

marinaさん(@mariko158)がシェアした投稿

入口に入るとポニーが出迎えてくれました。
名前は「ミント」、真っ白な美しいポニーちゃんです。

まず、フロントの「市庁舎」で受付。
ここで、コテージの場所を教えてもらい、ゴミ出しなどの注意事項を聞きカギをもらいます。

地図を見ながらコテージに到着!

広い!

ダイニングには6人用の広いテーブル。

 

食器や家具、リビングセットは欧調で統一。

別荘の雰囲気をしっかり味わえます。

 

庭のテラスにある大きなテ―ブルでは優雅にコーヒーブレイク♪

 

広い台所と充実した調理器具で、バーベキューの準備も、朝食の準備も楽ちん♪

 

なんという素敵空間なんでしょう!

 

感激のあまり少々取り乱していました。

◆早速バーベキュー開始

炭やバーベキューセットは自慢の道具を持参しました。

そして、フェーリエンドルフのキッチンファームでピーマンやなすび、玉ねぎなど、十勝の美味しい野菜を収穫!
野菜自分自由収穫してバーベキューで食べるって、他ではなかなか無いですよね!

因みに、お肉はフェーリエンドルフ近くの「道の駅なかさつない」の売店で地鶏を購入してきたのです。
(道の駅オススメです)

◆コテージで過ごす夜

フェーリエンドルフの夜はとても静かです。

残念ながら星空は見えませんでしたが、虫の音が聞こえてきました。

私たちの宿泊したコテージにはリビングにピアノが置いてあり、とても落ち着いた雰囲気。(誰も弾かない)
※ピアノのあるコテージは3棟あり、予約時に選ぶことができますよ。

リビングでワイン片手に寛いだり、ちょっとコーヒーを持ってテラスに出たり。

とても素敵な時間を過ごすことができました。

◆朝の散歩

朝、コテージの周りを散歩すると、高い枝から枝に飛び移っているエゾリスに会えましたよ。

竃(かまど)では、ご飯を炊いてる人がいました。
空いていたら使えるそうです、米も市庁舎で購入することができますよ。

かまど

市庁舎近くのテラス付きのレストランでは朝食をとっている人が多かったですね。
朝食付きのプランを申し込むとレストランで食べることができます。

中央にある「憩いの広場」にはハルニレの木があります。
テーブルセットやハンモックを自由に使うことができる素敵なリラックス空間です。

ドッグランでは元気に走る犬たちが見えました。

◆SHOP 「こりすの庭」

市庁舎のフロントロビーの一角にあるお「こりすの庭」という店。

買い忘れの品があっても安心で、食材やアウトドア用品・雑貨の販売をしています。

フェーリエンドルフのオリジナル商品も取り扱っているので土産の購入もできます。

またファットバイク、電動アシストMTBなどのレンタルバイクも扱っていますよ。

◆チェックアウトとおすすめの持ち物

チェックアウトは市庁舎で
荷物を纏め、車で移動します。

その時、分別をしたゴミを指定の場所に置き、ついに休暇村とお別れです。

最後にミント(ポニー)が見送ってくれました!

【持参して良かった持ち物】

  • ミニ扇風機(蒸し暑い日でした)
  • パジャマ(コテージにはついてませんよ!)
  • 虫刺され用の薬

【持参した方がいい物】

  • 虫よけスプレー
  • 蚊取り線香

森の中なので虫対策は万全に!

道の駅なかさつない

道の駅なかさつない 十勝野フローマージュ

フェーリエンドルフの手前にある「道の駅なかさつない」

中札内村の特産物が販売されています。

ここのイートインコーナーや軽食コーナーはかなり充実!

中札内特産の鶏肉と豚肉の串焼き(炭火焼き)や田舎どりのから揚げ、カレーなどメニューも豊富!

中札内産の新鮮な旬の野菜や加工品、夏季には花の販売もしています。

 

私たちはババーベキュー用に中札内村特産の若鳥の仔肉を購入していきました。

一緒に購入した黒豆の枝豆(冷凍)も絶品!

朝9時から夕方6時までお店が開いているので、フェーリエンドルフに入る前に必ず寄りましょう!

そして見逃せないのが道の駅内の「十勝野フローマージュ」!
地元素材のアイスクリームが10種類用意されています。是非食べて欲しい!

道の駅なかさつない
  • 住所:中札内村大通南7丁目14番地
  • 電話:0155-67-2811
  • 営業時間:9:00~18:00 (店舗・時期により異なる)
  • 定休日:4月~11月無休 (他の時期は店舗・時期により異なる)
  • HP公式

 

おわりに

「暮らすように過ごす」がフェーリエンドルフのコンセプト。

冬にはスノーシューやスノーモービルのアクティビティを楽しむことができます。

また、10月にはハロウィンの楽しい装飾を施したグランピングコテージとグランピングテントのプランを用意!

フェーリエンドルフの近くには、道の駅なかさつないの他に花畑牧場・中札内美術村・六花の森などもありますのでのんびり観光するにはいい場所ですよ。

スポンサードリンク
シェア ٩(ˊᗜˋ*)و アリガトー!
最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
「参考になった!」と満足して頂けたらはてブなどシェアして頂けると物凄く嬉しいです!