スポンサードリンク

小樽の街が一年で一番熱く盛り上がるメインイベント「おたる潮まつり」が今年も開催されます。

3日間に渡るお祭りは、北海道内はもちろん道外からの観光客が多数訪れるお祭りで、昨年の来場者数は130万人に登りました!

初日と最終日のエンディングを飾る花火大会も大盛り上りですが、お祭りには様々な催し物やイベント、「旨い」ものが並ぶ出店も楽しみの一つです。より一層、おたる潮まつりを楽しむためにお祭りの詳しい内容をご紹介致します。

写真出典: おたる潮まつり
スポンサードリンク

第52回おたる潮まつり

おたる潮まつりの概要

開催日:2018年7月27日(金)から7月29日(日)
    花火大会27日(金)20:00~20:30・29(日)20:00~20:40
お問合せ:産業港湾部観光振興室 0134-32-4111
会場:小樽市港町4-1 第3号埠頭付近  GoogleMAP

 

小樽潮祭りの歴史

1958年に別々に開催されていた「港まつり」「競争花火大会」「北海道工業品共進会」を統合して開催されたのが前身となる「みなと小樽商工観光まつり」でした。

1967年に「おたる潮まつり」として第3埠頭で記念すべき第1回目が開催されました。

漁業と観光の街、小樽が海への感謝と小樽の発展を祈願して行われるお祭りは、3日間に渡り様々なイベントが催されます。

 

スポンサードリンク

日程とイベント概要

7月27日(金)…1日目

出店営業時間 15:00~22:00 イベントは14時頃から開催されています。

お祭りのオープニングを飾るのは、街の中を祭囃子で踊り歩く「潮ふれこみ」です。
御神水の奉納や潮太鼓の乱舞も見ものです。

夜には、「山灯」(やまび)と呼ばれる花火大会も開催され初日からボルテージが上がります。

2日目28日(土)…2日目

出店営業時間 10:00~22:30 イベントは10時30分頃から開催されています。

小樽市民や学生、企業の皆さんがグループを作って潮音頭にあわせて練り歩く「潮ねりこみ」が市内中心部から港まで続きます。

来場者や観光客が飛び入りで参加できる「とびいりDE踊り隊」もあり、見物人も参加者もとても大賑わいです。

最終日29日(日)…3日目

出店営業時間 10:00~22:00 イベントは9時頃から開催されています。

小樽の海上で、高島・祝津の漁師さん達が船団を組んで巡航する、「潮わたり」が行われます。

陸上では、小樽市内から担ぎ手が集結して市内を廻る「みこしパレード」がお祭りを盛り上げます。

夜には、フィナーレを飾る、「海灯」(うみび)と呼ばれる花火大会が行われます。

総打上数3,000発の花火は、とても豪快でお祭りの終焉を飾るのにふさわしい花火です。

 

花火大会の詳細についてはコチラで纏めてますのでご覧ください。

2018年おたる潮まつり!混雑回避と穴場情報満載!お勧め周辺情報もあるよ

 

おたる潮まつりの見所

潮ふれこみ

潮まつりの初日に「祭りの始まりを市内に知らせる(ふれまわる)ため、街なかを踊り歩く「潮ふれこみ」が行われます。」、お祭り開始からヒートアップするためのイベントですね!

18時から19時半まで踊ってます!

潮わたり

高島・祝津の漁師の皆さんが船団を組んで海上パレードに参加する「潮わたり」。ミス潮と共に船に乗り込みお酒を飲みながらパレードしています。

潮ねりこみ

おたる潮まつりのメインイベントで、大勢の人が小樽市街を「おたる潮音頭」「潮おどり唄」を踊りながら練り歩きます!

小樽市内外の企業や団体などでチームが結成されていますが、「とびいりDE踊り隊」と呼ばれるお祭り当日即参加!なチームも用意されています。

2日目の、なんと13時から21時まで入れ替わり立ち代わり踊り続けます!

メイン会場

メイン会場でも楽しめる内容が充実しています。

ステージでは、カラオケ大会やダンス・ゴスペル・ロックのステージがあり、子供に大人気のヒーローショー、ラジオ番組の公開生放送など大人も子供も楽しめる内容になっています。

沢山の人が楽しみにしているグルメを堪能できる屋台も、なんと100店近く出店しています!

昨年は、B-1グルメグランプリコーナーも大好評でしたが、ご当地メニューの釧路ザンギ北見の塩やきそば小樽の若鶏半身揚げにあんかけやきそばも凄い大人気でした。

ビールも小樽地ビールが販売されていて、小樽地ビール片手に若鶏半身揚げにかぶりつくなんて最高の相性ですよ。

 

札幌市から小樽市へのアクセス

自動車 

 札樽自動車道経由(約50分) 

高速札樽道を走って小樽で降りるとお祭り会場の間近です。交通規制もあるので手近な駐車場に停めて歩いていくといいですよ。

 新川通り、国道5号線経由(約1時間10分) 

札幌駅、札幌市内から行くなら新川通り(道道125)を通るのが一番スムーズです。一番信号が少なく、車線も多いのでスムーズです。

札幌駅から新川通りへ向かうと、JRの下を通り抜けた後で頻繁に警察が張ってるので気を付けてください。黄信号無視、速度超過、スマホ、シートベルトを見ていて、右車線にいても掴まります。

この辺り⇒  GoogleMAP

JR(約1時間20分)

一番安全で楽なルートです。

札幌駅から、函館本線小樽行きに乗り、小樽駅で降ります。お祭り会場へは駅から徒歩12分程、駅を出たら真っすぐ海の方へ下っていくとお祭り会場があります。帰りは登りなのでちょっとしんどいです。

JRは帰宅用に臨時列車が増便されているので割と安心です。(割とですよ)
昨年の情報ですが21時前から12本(滝川行1本、岩見沢行き3本、江別行き1本、札幌行き7本)も増便されてました。

バス

まだ未定のようですが、毎年札幌バスターミナルから小樽まで臨時運行便が運行されますのでバスでの来場も可能です。

 

交通規制

お祭り当日は交通規制がしかれます。下の画像は2017年のものですが、今年もあまり変化はないでしょう。

確認したところ交通規制は2種類あります。

 ①青〇の祭り会場中心部は3日間、終日規制されます   ②青〇の下と左の赤い線、潮ふれこみ、ねりこみ、神輿パレード、花火大会のために実施時間の前から終わるまで規制となります。 

 

 

おたる潮まつり会場周辺図

専用駐車場と周辺駐車場

小樽市からは、専用駐車場はありませんので公共交通機関での来場をお願いしますとあります。

それでも自動車で来場される方も少なくないと思いますので、周辺の有料駐車場情報をご紹介します。

当日の会場周辺は、交通規制がありますので十分に注意して来場して下さい。

周辺駐車場情報

 

①パカラ 小樽市色内第2

駐車台数:24台
営業時間:24時間
料金:8:00~22:00 30分毎500円 22:00~8:00 60分毎100円

住所:小樽市色内1-2  GoogleMAP

②小樽稲穂駐車場

駐車台数:132台
営業時間:24時間
料金:8:00~20:00 30分毎100円 20:00~翌8:00 2時間毎100円

住所:小樽市稲穂3丁目19-10  GoogleMAP

③ホテル ノルド小樽

駐車台数:46台
営業時間:15:00~11:00
料金:15:00~11:00 1,000円

住所:小樽市色内1-4-16  GoogleMAP

④タイムズ小樽運河

駐車台数:24台
営業時間:24時間
料金:8:00~20:00 30分500円 20:00~8:00 60分100円

住所:小樽市色内1-2  GoogleMAP

 

周辺観光情報

小樽港内遊覧船屋形船 かいよう

おたる潮まつりに来て、昼間は踊りや神輿に美味しい屋台のグルメをビール片手に楽しんで、夜は屋形船で花火を優雅に観覧してみませんか。

お祭り会場になっている第3埠頭にある小樽観光振興公社から、毎年花火大会にあわせて「おたる潮まつり花火大会特別運行」があります。

海上から見る花火大会は、格別でとても贅沢ですよね。

予約が基本のようですが、当日も少ないですが空席があるようなのでお早めに連絡をして下さい。

出典: たびらい
「小樽港内遊覧船屋形船 かいよう」

小樽観光振興公社
住所:小樽市港町4-2
電話:0134-29-3131
営業時間:4月~10月 9:00~17:00 *潮まつりは、特別運行
定休日:無休
「おたる潮まつり花火大会特別運行」料金:3,500円(昨年参考)

 

おわりに

小樽市は、北海道でも指折りの観光都市ですが、おたる潮まつりは小樽のメインイベントです。

3日間で行われるお祭りは、必ず良い思い出になり心に残ると思います。そして、海産物が豊富な街ですので、今が旬を迎えているウニやアワビにエビなどを存分に堪能して、お祭りと共にとても良いご旅行にして下さい。

スポンサードリンク
最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
「参考になった!」と満足して頂けたらはてブなどシェアして頂けると物凄く嬉しいです。